おもいをかたちに

「と」

止める、泊まる、留まる・・・

うごきがまる音「

トントンと進む、鳥がぶ・・・跳ぶ。跳ぶ瞬間には必ず一度まって、力をためる。たまったちからで上にび上がる。

扉(びら)、みななど出入り口。

〇〇と〇〇・・・のように二つ以上の並立をも表現します。

つまり、

そこから先に繋がっていくような「と」

「と」の音を名前に使うとき、

上に「と」を使う場合は力をためる(飛び立つ前)力強いイメージ。

下に「と」がつく場合ではすでにとんでいいるような軽さを印象づける。使い方によって大きくイメージががかわります。(真逆かも・・・)面白い音!

動画はこちら→https://youtu.be/5QmDGIT7iAA

なまえの心理学「と」

Copyright© 言の葉あそび , 2020 All Rights Reserved.