おもいをかたちに

神さま暦とは

tomomin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tomomin
言の葉と遊びゴコロを紡ぎ、「想いをかたち」にしています。 モダン言の葉アーティスト、ともみんです。 「つくる過程」であなたの想いが整理され、いつのまにか「ありのまま」のコアな自分と出会えるーそれが言の葉あそび。 「なまえ」のこと、「色」のこと、「生きる」ことテーマは様々、ジャンルも様々。かたちにとらわれず、あるがままを表現します。

神さま暦

 

神さまを題材にした、カレンダー。

 

正直に申します。わたしは神さまのこと、そこまで詳しくありません。おそらく、多くの人と同じくらいか、すこーーーーーしだけ、多く知っているかも?のレベルです。

そんなわたしがなぜ神さま暦なのか?

うーーーん。

 

答えは・・・正直わかりません。

 

おい!わからんのかーーーい!!

 

なんだけど、

ひとつだけ明確にある思いがあります。

神さまを

「いることにしちゃったら」未来が信じられた。

という過去の経験からくるものです。

つらいとき、苦しい時、先が見えなくて、不安で仕方がなかったとき、

自宅にあった神棚の前で

「かみさま、きっと今つらいことはいつかの幸せの布石ですよね?」「10年後、あの時があったから今がある!」と思える時間がくる。

とふと(心の中で)呟いている自分がいました。

そう思えるのは一瞬で、また24時間のうち23時間59分40秒くらいは

ずーーーと

いやだー、もう嫌だー、やめてくれーーーーこの先どうなるんだよーーー

と思っていました。

でも、たった20秒の気持ちのゆとりが自暴自棄にならないように救ってくれていたのだと思います。

たった数秒。それだけで、こころは軽くなる!

それを実体験を通して気付きました。

ほんの少しの時間、ちがう世界にいってみる「空白」がいいんだよね。

 

生きるということは様々な経験をするということ。

たのしいことも、苦しいことも、悲しいことも。それでも、人は立ち上がり、生きていく。生きていくから再び様々な経験をすることになる。

だからこそ、「有難う」であり、だからこそ、喜びや輝きを感じられる。

と、頭ではわかっていても、

いつも笑っていたいし、平穏に過ごしたいー前向きに明るくいたい!

悲しい思いはしたくない。

苦しいことが続けば、未来なんていらない!と思っちゃうこともある。

多くの人が

そんな押し問答のような中でみんな生きています。

そんな家族をみておもうこと、

そんな自分自身をみておもうこと、

そんな友人、大切な人をみておもうこと

それをことばーうたーにする。

そのことばがちょっとした「ゆとり」「よゆう」「いつもからふっと抜ける瞬間」

になればいいなあという思いで。

 

なぜカレンダー??

あれ?今日何日だっけ?カレンダーめくろうーとか、ふとした瞬間に目にし、手にする。

そのカレンダーに触れる5秒だけ、「いつも」から抜け出せたらおもしろくない?

(面白い=顔が白い=顔に光がさした!=あかるくなる)

抜け出すきっかけは

・「神さま」が守ってくれているという思い  かもしれなし、

・ことばや色  かもしれない。

何がきっかけで、「空白」が生まれるのかわわからないけれど、

ふわっと一瞬でもこころが軽くなれる時間を

 

カレンダー「で」作ろう!

 

このカレンダーに出てくる言葉はすべて、大切なだれかに向けた言葉です。

 

「神様をいることにしたら、根拠ない希望がもてる」から

神さまの名前をお借りして、言葉をつくります。

わたくし、ともみんの感じるままをーぜひ。

発売は11月11日です。

 

製作過程にについてはこちら→

神社巡りお客様の声篆刻印できた!原画完成!  

神さま暦2020 お祓いしていただきました。

神さま暦 印刷屋さん

ついにリリース!!→旅立ちは感無量でございます旅立ち

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
tomomin
言の葉と遊びゴコロを紡ぎ、「想いをかたち」にしています。 モダン言の葉アーティスト、ともみんです。 「つくる過程」であなたの想いが整理され、いつのまにか「ありのまま」のコアな自分と出会えるーそれが言の葉あそび。 「なまえ」のこと、「色」のこと、「生きる」ことテーマは様々、ジャンルも様々。かたちにとらわれず、あるがままを表現します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 言の葉あそび , 2019 All Rights Reserved.