おもいをかたちに

オナマエノコト

tomomin
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
tomomin
言の葉と遊びゴコロを紡ぎ、「想いをかたち」にしています。 モダン言の葉アーティスト、ともみんです。 「つくる過程」であなたの想いが整理され、いつのまにか「ありのまま」のコアな自分と出会えるーそれが言の葉あそび。 「なまえ」のこと、「色」のこと、「生きる」ことテーマは様々、ジャンルも様々。かたちにとらわれず、あるがままを表現します。

2019.08.05

「オナマエノコト」ーなまえの自由研究ーでした。

なまえを通して「自らを由しとする」

 

遠くは広島から3時間もかけてお越しいただき、大人から子どもまで総勢20名での時間。

前半は「おなまえを見てみる」時間。自分にとってはずーっと一緒にある名前。

「好きだな」とおもう人もいれば、

「違う名前がよかったな」と思う人があるかもしれない。

だけれども、じっくり自分のなまえをみつめてみたり、他の人が自分の名前にどんな印象をもっているのか?というのは知らない人の方が多いと思う。

「ナマエノコト」ではじっくり、じっくりなまえをみつめ、周りの人からどんなイメージをもたれているのか?を聞いてみるのだ。

すると、ちょっと恥ずかしいような、こそばゆい感覚になる。

ということは・・・??

そんな話と体感を味わっていただきながらの時間。

そして、ある瞬間にはっと気づくー

 

なまえをすきになりたかったーという深いところからくるおもいにー。

 

子どもの頃は誇りにさえ思っていた名前も

いつのまにか

好きでも嫌いでもない、嫌い、好きになりたいけれど好きになれない

名前にはいつしか、なんの感情も持っていないーということもあるかもしれません。

それはきっと、他者との比較の中で「理想の自分」を描き、ジャッジし始めた頃からはじまるのだとおもう。

ただ、「なまえ」というものをあらゆる角度からみて、紐解くコトですこーしずつすこーしずつあのころに戻っていけるのです。

こどもたちはわちゃわちゃしながら、聞いていないようにみえていましたが、

自分の名前の由来をしっかり聞いていました。

その証拠に「じぶんのなまえ」をイメージした作品づくり。

使う素材、使う色、どんな方法でどれだけやるのか?はじまりもおわりも自分できめたのですが、

できあがった作品は、「どれが誰のか」記名がなくてのわかるものになっていました。

「自分をすきになる」

「自分を見つめる」ひとつのきっかけとして「なまえ」からのアプローチ。

画数や姓名判断の域をこえてー

お話させていただきます。

↓↓↓↓↓

https://line.me/R/ti/p/%40kfm6698q

 

この記事を書いている人 - WRITER -
tomomin
言の葉と遊びゴコロを紡ぎ、「想いをかたち」にしています。 モダン言の葉アーティスト、ともみんです。 「つくる過程」であなたの想いが整理され、いつのまにか「ありのまま」のコアな自分と出会えるーそれが言の葉あそび。 「なまえ」のこと、「色」のこと、「生きる」ことテーマは様々、ジャンルも様々。かたちにとらわれず、あるがままを表現します。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 言の葉あそび , 2019 All Rights Reserved.